gayuu_fujinaの愚草記 (別館→本館)

はてなダイアリーが更新できなくなったので、泣く泣くこちらに移行。使いづらいようなら、別なサービスへの引っ越しも検討する予定。元ダイアリー:http://d.hatena.ne.jp/gayuu_fujina/

Kirinチップにまで暗雲。英ARM、ファーウェイに取引停止 – すまほん!!

Kirinチップにまで暗雲。英ARM、ファーウェイに取引停止 – すまほん!!

英公共放送BBCは、英国を拠点とするARMの内部文書をリーク。ARMがHuaweiとの取引を停止、米国の取引制限を遵守するよう社内通達したことがわかりました。
全ての有効な契約、サポート、保留中の契約を停止するよう従業員に指示したとのことです。
英国を拠点としているARMですが、BBCが伝えるところによれば、設計の多くが米国原産技術に準拠することから取引制限が適用されるとのこと。
Huaweiスマートフォンはプロセッサに主にHiSilicon Kirinチップを採用しています。Huawei子会社のHiSiliconは内製率が高いとの見方が一般的に浸透していた一方、米国に依存している面もあり、何より虎の子のKirinチップはCPUコアとGPUコアをARM開発ベースとしています。
ARMは1990年設立のチップ設計企業。2016年9月にSoftBankに買収されています。ARMはプロセッサ自体の製造ではなく半導体技術やアーキテクチャをライセンス提供しており、QualcommはSnapdragonに、SamsungはExynosに、AppleはAxxチップに、そしてHiSiliconはKirinに、ARMの技術を用いています。

https://smhn.info/201905-arm-stop-provide-to-huawei

この基幹レベルの知財を「使えなくなる」と、完全にゼロベースからのアーキテクチャ開発が必要になる。
今まで積み上げた中国側のチップ製造開発ノウハウだけでなく、OSのカーネルレベルからの経験もツールも、ほとんど揮発してしまうので、中国は間違いなく「知財を無視して使い続ける」という手段に出る。
ファーウェイCEOが、今年の秋には独自OSが出せるとか言ってるけれど、チップレベルでの互換性が維持できなくなった以上、その話も「真っ当に知財を守るなら」ご破算になる筈だが、長い間、海賊版OSでやってきた民族だから、今更「(欧米の顔色をうかがって)お行儀よくする必要なんてない」とか本気で思っているのだろう。
中国人が、有史以来「お行儀よくしていた」時代なんて、微塵も無いのにな…。
追記。
追加の情報を調べてみると、そこまで深刻な話ではなく、ARMから提供されているライセンスは、v8に関しては恒久利用ライセンスなので、現時点でARM-v8をベースにしたSoC開発と製造自体は、継続して行えるらしい。
ただし、ARMがv9を出した時点で、そのライセンス提供を受けられないならば、その時点で中国はv8を独自に発展させるだけの技術的なバックボーンを持たない為、旧世代となるv8でSoCを作り続けるしかなく、性能的に劣勢となるだろう、とのこと。
ちなみに、ARMv7アーキテクチャが出始めたのが、2004年。v7を拡張してARMv8が出たのが2012年。
…このペースで行くと、ARMv9は2020年頃には出る可能性があるので、もしアメリカの制裁が1年以上続くなら、その時点で中国はSoCの分野で世界中から取り残される事になる。

禁止フロン「中国で使用」 大量放出、国際チーム分析 | 共同通信

禁止フロン「中国で使用」 大量放出、国際チーム分析 | 共同通信

オゾン層を破壊するため国際条約で製造が禁止されたフロンの一種CFC11が、中国東部で2013年以降に大量に放出されているとの分析結果を国立環境研究所(茨城県つくば市)などの国際チームが23日、発表した。過去に使われたものが製品から漏れ出るケースもあるが、中国東部では新たに製造、使用されている疑いが強いという。
研究所の斉藤拓也主任研究員(大気化学)は「発生源が特定できたので今後は中国での生産や使用方法といった実態を把握し、禁止するよう働き掛けていく必要がある」と話している。
CFC11はかつてエアコンの冷媒や断熱材を作るのに必要な発泡剤として使われた。

https://this.kiji.is/503976136407139425?c=39550187727945729

世界が、30年掛けてオゾン破壊物質の放出を止め、オゾンホール問題を自然回復させた「人類の良心」を証明する偉業を、いとも容易く無為にしてしまう愚行を、平然とやらかすのが中国人の国民性。
NPTが認める核保有国の内で、最後まで大気圏内核実験*1をやらかしまくり、地下核実験だって96年までやっていた事もそうだし、衛星破壊実験もそう。
100年遅れの帝国主義といい、中国人は、世界を悪い方向に進める最良の民族にして、国家だと思う。

*1:その実験で放出された放射性物質が、日本や韓国に黄砂と共にばら撒かれ、環境汚染した影響は、福島第一原発事故が子供のお遊びレベルに見える深刻な環境汚染を引き起こしたが、マスコミは「中国に忖度して」その辺りの汚染量に関する比較報道を一切していない。なお、核実験は中国国内ではなく、ウイグル地区でやっていた。これも民族浄化の一環である

【日本の国土】戦争してでも北方領土を取り返すべきか? : 大艦巨砲主義!

【日本の国土】戦争してでも北方領土を取り返すべきか? : 大艦巨砲主義!
相手が、戦争で負けなければ返す気は無い、と明言したなら、日本が領土回復する為には、戦争するしかないが、何か?
ただそれが、日本にとっては100年先でも200年先でも、別に構わんと言う話で、またソビエト崩壊の様に、ロシアの状況が変わるとか、核兵器が無力化されて、通常兵器による戦争が出来るようになれば、経済的にも人口的にも、韓国レベルでしかないロシアなんて、日本が経済力に相応しい軍備を整えていれば、それこそ、ロシアは簡単に北方領土なんて投げ捨てるだろって話。
日本にとって、北方領土が経済的に価値が無いように、ロシアにとっても金にはならない領土なんだし。
…まあ、そんな事態になっていたら、絶対に中国がロシアに攻め込んで、領土を切り取り放題とかやってるだろうから、日本はかつてソビエトが日本で火事場泥棒したように、日本も千島列島と樺太を切り取ればいいだけなんだが。
現状だと、戦略原潜を置いておくオホーツク海を聖域化するのに、北方領土を日本に渡すとマズーだし、いざとなったら核兵器で脅せばいいや、とロシアが思っているから、日本に返さない方が、ロシアにとってお得なだけ。
将来的に、ロシアにとって、北方領土を持ち続ける事が「損」に成れば、話は変わってくる。
その時に、日本が「武力奪還」というカードを持っているか居ないかで、交渉難易度が変わるんだから、今の時点で無駄にカードを捨てる必要は無い、と言う話だから、掲題の答えは「戦争して取り返せるときに、取り返すべきだし、戦争して領土を切り取れるなら、切り取るべき」となる。

なんで日本は核シェルター作らんの? : 大艦巨砲主義!

なんで日本は核シェルター作らんの? : 大艦巨砲主義!
理由は色々あるけど、「高度経済成長期には、憲法9条の呪いで、政府が核シェルター導入を推進すると言うだけで吹き上がるマスゴミどもが山ほど居た」ってのが1つ。
彼らからすると、「ハコモノ」の極致とも言える「核シェルター」なんて、金の無駄。
そんな事に金を使うなら、全方位土下座外交して日本が頭を下げて金を払っていれば、日本が戦争に巻き込まれる事は無い、つまり核兵器に備える必要は無い…等と言う頭の悪い主張が、本気で語られていた。
これは、冷戦が崩壊すると、更に顕著になって、極東で日本以外が軍拡する中、日本だけがずっと軍縮しつづける端緒となり、国際事情が変わっても、継続され続けた。
そして、「バブル崩壊後は、金が無かった」。
90年代後半に入って、北朝鮮の核問題から、MDシステムの導入に関しても、徹底的な反対が行われ、マスコミと野党による「ムダ金」論は根強く主張され続けた。
未だにMDは無駄と言い続けるお年寄りは、大体この時代の知識から何も更新されていない。
この時代には、日本のシェルター普及率の低さは何度も指摘されたが、「金が無い」「必要ない」のコンボで、そもそも議論すらロクにされなかった。
そして、現在に至る。
ちなみに、個人的な意見だけれど…「日本は温帯湿潤で地震国なので、地下シェルターは掛かる金の割に長持ちせず、つまりコスパが悪いから」という点もある、と考えている。
日本でも、戦前とか戦中に作られた地下壕とか今でも見つかったりするし、旧地下鉄駅遺構とかあるんだけど、「安全に使えるか?」という観点だと、とてもじゃないけど使い物にならない。
地下室ってのは、安全に「使い続ける」為の維持コストがとても高いのだ。
加えて、その効果に対する疑問。
実の所、個人レベルで用意できる核シェルターは、核攻撃直後の高放射線や熱波、放射性物質の初期降下物質からの被ばくを抑える効果はあるが、2週間以上の長期滞在は考えられておらず、それ以降は「政府レベルの救援」を頼るしかない。
冷戦時代に想定された全面核戦争が発生した場合、当時米ソが保有していた核兵器の総量(双方合わせて2万5千発)から考えると、地球上に、国と言う組織が残る程に、人類が生き残れる可能性がほぼ無かった。生き延びても核の冬で詰むし…。
米ソはそれを理解していたから、冷戦崩壊後には核軍縮に合意し、超大国間の全面核戦争の危機は遠くに去った。
代わりに到来したのが、戦術核兵器を使用した局地戦の可能性である。
イギリス、フランス、中国、インドといった主要核保有国は、それぞれ核兵器を数百発しか持っておらず、彼らが全面戦争しても、彼らの国が亡ぶだけで、地球全土が焼き払われる、と言う程でもなくなった。
北朝鮮イスラエルと言った国なんかは、数十発。
これは、その数だけ都市を焼き滅ぼせても、国全体を滅ぼせる程の火力ではない。
結果的に「核戦争が起きても、政府が滅びない可能性」が生まれるようになった。
この状況なら、核シェルターを作っても、意味がある…かもしれない。
ただね、そんな金があるなら、防衛費に回して、日本も核武装する方が、コスパは良いと思うんだけどね。

食事を記録しよう

体重:kg
体脂肪率:%
朝食:おにぎり with おくすり
昼食:食香閣 八宝菜
夕食:
お仕事。
朝一で打合せなので、雨も降っているから、少し早めに出た。
雨は昼過ぎも振り続け、むしろ強くなる一方。
帰りが少し不安。